姉から勧められた耐震診断

福岡の大地震後に姉から耐震診断を勧められ耐震に関心を持つ

おすすめリンク

LINK

姉から勧められた耐震診断

日本のどこかで、毎日地震が起きています。

テレビで、「緊急地震速報」とテロップで流れるのを時々見ることがありますが、この基準は「震度3」以上だそうです。

それでも、「又、地震…。どこだろう…。」と不安な目でその速報を見てしまいますね。

「震度1」であれば、本当にどこかで毎日起こっている地震。

それでも私は、7年前まで地震に対してあまり関心がありませんでした。

私は福岡に住んでいるのですが、7年前の平成17年3月20日に、震度6の大きな地震が福岡で発生したんです。

「福岡県西方沖地震」という名前。

その時ちょうど近所に出かけていたのですが、お彼岸で私の家に来ていた姉が「家の下敷きになっているのでは…。」と、とても心配で走って家まで戻ったものでした。

特に家が倒れていたわけでもなかったし、姉が下敷きになっていたわけもなかったので、安心しましたが(笑)

古い家だったのでとても心配で、何度も続く余震にとても不安でした。

落ち着いたら家の耐震診断をしてもらった方がいいと姉から勧められたのを今でもよく覚えています。

耐震診断なんて縁がないものでしたが、この時の地震体験をきっかけに地震そのものや家の耐震について関心を持ち始めました。

こちらの情報なんかおすすめですよ。
http://www.soleil-xo.com/